お役立ちQ&A

ナビゲーション

お役立ちQ&A

回答一覧

  • Q1. カーテンをどのように組み合わせたらよいのですか?

    A1. 普通は、レールがダブルで付いていることが多いので、窓際の方にレースを付け、部屋内にドレープを付ける事が多いです。
    最近は、窓際の方にドレープを付け、部屋内にレースを付ける事も流行になっています。
    レースを部屋内に付ける事によって、夜にドレープを閉めた時でもレースの模様を楽しめます。

  • Q2. ドレープ・レースて何ですか?

    A2. ドレープとは厚地の生地で作ったカーテンです。レースとはレース生地で作ったカーテンです。

  • Q3. 自分でカーテンのサイズを採寸したいのですが…。

    A3. 以下の手順で採寸が可能です。

    1) 取り付けてあるレールの端から端までの幅を採寸します。

    2) カーテンを吊下げているランナーという部品(レールの中を動く部品)の下から
    掃き出しは、床までの高さを採寸して1cm引きます。
    腰窓は、お好みの高さまで採寸します。(額縁の下から15〜20cm位までが平均です)

    また、以下の点をチェックしておけば、カーテン購入時に役立ちますので、ご確認ください。

    3) 窓は両開きですか?それとも片開きですか?ご確認ください。

    4) 天井にレールが設置されていますか?それとも正面に設置されていますか?

    カーテンの採寸方法ページに図面を載せておりますので、合わせてご覧ください。

  • Q4. 2倍ヒダ、1.5倍ヒダの違いは?

    A4. 2倍ヒダとはカーテンを作る時に生地を仕上がり巾の2倍を使って縫製します。ヒダは3つ山になります。
    1.5倍ヒダとは生地を仕上がり巾の1.5倍を使って縫製します。ヒダは2つ山になります。

  • Q5. Aフック、Bフックとは?

    A5. Aフックとはカーテンを閉めた時にレールが見えます。
    Bフックとはカーテンを閉めた時にレールが隠れます。
    ダブルでレールが付いている場合、一般レールの場合は、部屋内がBフック(主にドレープ)、窓際がAフック(主にレース)になります。装飾レールの場合は、部屋内がAフック(主にドレープ)、窓際もAフック(主にレース)になります。

  • Q6. タッセルて 何ですか?

    A6. タッセルとはカーテンを両サイドで束ねる舟形になった紐です。

このページのトップに戻る▲

カーテン・シェード・ブラインドのセレクトショップ カーテンのお店 チュ・チュ
TEL:073-478-0330

FAX:073-478-0339 〒640-0351 和歌山県和歌山市吉礼271

営業時間:10:00〜18:00 定休日:水曜 駐車場完備(6台分)